Treatment診療案内

眼瞼疾患

眼瞼下垂とは

目を開けた時に上まぶたが開ききらずに黒目にかかってしまう状態です。

垂れ下がったまぶたによって目の一部が覆われてしまいますので、視界が狭くなるといった機能障害を起こしてきます。

眼瞼下垂ではまぶたが開けにくいために、無意識におでこの筋肉を無理に使っていたり、不自然な姿勢をとるようになるため、眼精疲労や頭痛等の原因となることもあります。

眼瞼下垂は生まれつきのもの加齢と共に生じるものに大きく分けられます。
症状が出てくる時期や原因によっては弱視や複視などの他の病気の原因となることもあるため、専門機関での原因の精査がすすめられます。
整容面の問題だけでなく、機能面での手術適応を判断し適切なタイミングでの治療が必要な病気です。

眼瞼下垂の検査・診断

基本的な視力や眼圧、眼底検査の他に眼瞼下垂の程度の目安として瞳孔と上まぶたの位置関係や上眼瞼挙筋やミュラー筋といった、まぶたをあげる筋力の評価が必要です。

また眼瞼下垂の原因は筋肉だけでなく、重症筋無力症といった全身の病気や脳動脈瘤など命に関わる疾患が原因であることもあるため、それらの検査も合わせて行っていく必要があります。

眼瞼下垂の治療

手術の方法は先天性か加齢性なのかといった原因や眼瞼下垂の程度や残された筋力によってそれぞれ異なります。
また脳動脈瘤といった筋肉以外が原因の場合はそれぞれの疾患に応じた治療が必要となります。

眼瞼内反・逆まつげとは

まつ毛は本来はまぶたの縁から外側へ向かってカーブしながら生えており、眼球に当たらないようになっています。

眼瞼内反や逆まつげは本来は眼球に触れないはずのまつ毛が眼球に触れてしまうことで眼球の表面に傷をつけてしまいます。

目の痛みや目やに、涙目の原因となりますが長期間放置していると目の表面の永続的な濁りを生じて、大きな視力低下を起こすこともあります。

眼瞼内反は下まぶたが生まれつき内側をむいているものや加齢による筋肉の弱り、外傷による傷あとなどが原因で内向きになることでまつ毛が眼球の方向へ向かってしまう病気です。

眼瞼内反・逆まつげの検査

基本的な視力や角膜の状態の評価に加えて、下まぶたの皮膚と筋肉のバランスの評価や神経麻痺の影響の有無の精査などが必要となります。

眼瞼内反・逆まつげの治療

生まれつきの眼瞼内反などでは成長とともに改善していく場合もありますが、視力の発達や角膜の状態によっては治療を急がなければいけない場合もあります。

また神経麻痺等が原因の場合にはすぐに手術を行わず症状の固定を待たなければいけないこともあります。

それぞれの状態に応じた手術が必要ですのでまずは医師にご相談ください。

一覧へ

Copyright © Subarukai Eye Center All Rights Reserved.
トップへ戻る