HOME > お知らせ > 診療科からのお知らせ > 注目トピック!!! 【 厚生労働省認可病院 】 多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

診療科からのお知らせ

注目トピック!!! 【 厚生労働省認可病院 】 多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

掲載日:2019年09月25日

◉ 多焦点眼内レンズを用いた白内障手術について

 

当院では保険診療の白内障手術(単焦点眼内レンズ)のほか、日本国内で承認された多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行っております。

単焦点眼内レンズを用いても手術前に比べれば大幅な改善が得られますが、ピントの合う範囲が遠方か近方のいずれかに限られているため、遠方か近方を見る時のどちらかは眼鏡が必要となります。

一方、多焦点眼内レンズは遠方も手元もよく見える遠近両用の眼内レンズのため、術後に裸眼で見える範囲が広がり眼鏡を使う必要性が少なくなります。

多焦点眼内レンズにはいくつか種類があるため、手術を受けられる方の生活環境や見え方の希望に応じて使用するレンズを決定します。

なお、角膜乱視や他の眼科疾患など様々な理由で「お勧めできない」と判断する場合もありますので、ご了承ください。

 

 

【 眼内レンズには 単焦点 と 多焦点 があります 】

 

● 単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズの見え方②

≪画像をクリック≫

遠方など1か所しかピントが合いません

老眼や近視の人が眼鏡を使用するように、術後に眼鏡を使用する必要があります

 

 

● 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズの見え方②

≪画像をクリック≫

遠方と近方など2か所ピントが合います

術後に裸眼で見える範囲が広がり、眼鏡を使う必要性が少なくなります

 

多焦点眼内レンズに関する診療や治療についてのご質問は、昴会アイセンターまでお問合せ下さい


 

◉ 手術費用について

   今までよりも一部費用の負担が軽減されます! ≫

 

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は厚生労働省の定める「先進医療」です。手術費用に関しては、健康保険は適用されず100%自費負担となります。

当院は「厚生労働省認定先進医療実施施設」ですので、手術費用以外に関しては健康保険が適用され、今までよりも患者様の経済的負担が軽減されます。


※「先進医療実施施設」以外でこの手術を受ける場合は手術費用のみならず手術前後の診察費用すべてが自費負担となります。

詳しくは総合受付までお問合せいただくか厚生労働省ホームぺージ【先進医療】をご覧ください。

» http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/

 


外来受付

受付時間
午前8:30~11:30
診察時間
午前8:00~11:30

※科目により異なることがあります。

PageTOP